カルチャー部門について

ケイ・ランゲージ・ラボは、設立経緯として社会人の通信教育からスタートしています。

習いたいときにスタートをして、マイペースで期間の定めのない形で身につけていきたい、成長をしていきたいという希望を叶えるお手伝いが原点にあります。

 

語学教育部門が主軸となりましたが、習いたい内容が狭い意味での「語学教育」「ランゲージ」という枠にはまらないことも多数出てきて、もっとオーダーメイドを実現したい、というところから「カルチャー部門」の設立につながりました。

 

語学教育部門からの分化ですが、平日日中を実施時間帯としています。

期間の定めのないもので、集中訓練のようなものはありません。

 

はじめは語学や外国・日本文化を軸にそこからはみ出していったような企画でしたが、現在は企画持込型でケイ・ランゲージ・ラボの会員、または会員希望者との話し合いで、実施可能なものについて実施しています。

 

講座企画実施には設置基準として内規でガイドラインがございますが、希望を叶えるように鋭意努力をしております。 

 

まずは一押しコースとしては、ペン字・ボールペン字

こちらは書家の服部龍太郎先生を主任者としてお迎えしています。

 

その他初歩からフランス語、中国茶でお茶で会話などといった語学教育部門と重なりそうでも、対象語学でなかったり、文化を習いたい方などを

対象にした講座実施もかなえられます。ドイツ語などの講座がございます。

フランス語もドイツ語も、NHKラジオ・テレビ講座フォローアップコースが充実しています。

 

後は企画持込でゼロから講座を立ち上げています。

主な講座としては「そろばん」がございます。

 

そろばんコース」は原則小学3年生から6年生が対象。シニアなど成人も可能で、一度珠算をした方の生涯学習としても最適です。

1対1で初歩からプロ講師が丁寧に指導していきます。カルチャー、生涯学習としてのレッスンのため、プロ段位向けや競技そろばんは対象外です。

ご希望に応じて、算数との併用学習可能です。

カルチャー部門での対象範囲は、珠算検定で10級~3級程度の内容です。

 

フランス語コース」は小学生3年生から成人まで対象。未成年対象、主にミッションスクールでのフランス授業の補習、フランス語圏に海外旅行やホームステイなどに行きたい、製菓に関心があるなどの方を対象に、入門から1対1で楽しく学習していきます。

成人対象には、NHK講座フォローアップを中心に、趣味のシャンソンやワインに活かしたいという方にも合う内容を提供しています。

 

特に指定がない場合は、NHKフランス語講座シリーズ、ゼロからスタートフランス語シリーズ(アテネフランセ編集)を使用しています。

初級修了以上の方につきましては、第三書房、白水社テキストなどご相談で決定していきます。

 

音楽につきましては、「ケイ・ミュージック・ラボ」というブランドは。 ピアノではポピュラーピアノをメインに、保育士・幼稚園・小学校教師対策等も行えます。

外部リンク参照:http://music-square.jp/school/1926/

 

なお「簿記」指導も日商検定対策をはじめ、可能な体制を整えております。

全商、日商、全経対応可能で、主に日商2級レベルまでを行っています。

実務に役立てることもできます。

 

あわせて「FP基礎といったお金の基礎知識を学ぶコースの設置もございます。試験対策を銘打ってはいませんが、事業継承予定者で自身の資産形成にも関心が高く、基礎を身につけた方やFP3級をとりたい方などにも好評です。ラボ会員でもFP3級取得の方もいます。

カルチャー部門の範疇では、FP2級までの内容に対応し、現場経験や指導経験豊富な講師が対応します。

 

これらはいずれも、カルチャーとして習うもので、その道のプロフェッショナルになるための職業訓練ではございません。ただ趣味を極めたい、これらを習って活用したい方に向けて大変好評を得ております。

 

1時間3000円レートですが、詳細はお問い合わせください。

週1回・週2回コースから実施しています。

 

※注意:1時間あたり3000円は1回2時間行った場合のレートです。

その際は1回120分6000円になりますが、現在の運営ではご要望により、ほぼ同量の内容で1回90分で行うのが標準になっています。その場合90分あたり5000円になりますのでご了承ください。

 

なおご希望の内容がビジネス・資格を主眼とした内容であった場合で、カルチャーの域を超えるという事前見積での判断になった場合は、1回120分8000円までの料金提示があり得ますのでご了承ください。

 

詳細は事務局へお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

 

※語学教育部門・会話コースとは別で、幅広い分野の取り扱いになります。

 

また、カルチャーとは離れますが、資格取得対策として、社会福祉士受験対策、経営学検定対策といった仕事に役立つ資格対策も行える体制がございます。対応コースにつきましては別途お問い合わせください。

 

(2017年1月更新)