「世界一の語学サービスのパイオニア」

私たちは、スピードと良質を追求し、プロ意識を持って、顧客感動の創造に向けて、常に改善・前進をすることを誓います。

今後とも、ケイ・ランゲージ・ラボを宜しくご愛顧の程、お願い申し上げます。

 

 

  ケイ・ランゲージ・ラボ 経営理念
 

企業の使命とは、世の人々に貢献して喜びを提供することであると考えています。私たちケイ・ランゲージ・ラボは、その使命を果たすため、ここに経営理念を宣言します。

1.お客さまに最高品質のサービスを通してコミュニケーションをすることで、満足・感動を創造し続け、一人ひとりの喜びや生きがいといった”幸せづくり”を支える企業であり続けます。

2.働く者がともに技能と人格を高め合うなかで、互いに喜びと生きがいを発見する人間成長の場として、真のプロフェッショナリズムを追求し続けます。

3.良き企業市民として、何事にも公正さを貫き、広く社会の発展に貢献すべく、常に「創造と挑戦」をし続けます。

 

 

  ケイ・ランゲージ・ラボ 教授理念
 

「個性を生かし、最大限の能力を伸ばす」

一人ひとりの個性を生かし、切磋琢磨を通して、モティベーションを上げながら、能力を自ら最大限に伸ばしていくことを支えることが、ケイ・ランゲージ・ラボの教授理念です。

講師陣もやる気・情熱を持って、高い指導力をもって学習を支援していくことが求められます。

弊会は、小学生から社会人までの幅広い層を対象にした教育機関として、弊会の教授理念、教授手法、および講師の働きかけにより、個々の会員の学習能力、学習意欲の向上、表現力向上といった具体的成果をあげることを目標としています。

 

ロゴの由来

ケイ・ランゲージ・ラボは、代表が大学生の頃、1996年から設置していた、前身のEJC Private Tutor を母体としています。当初は、社会人でしばらく勉強から離れていた女性のやり直し英語の通信教育からスタートしてます。

 

2003年5月に世田谷区上用賀に移転、2004年4月1日に正式開業に至りましたが、開業に先駆けて当時会員になって下さっていた方が、未成年、社会人共に複数いました。

 

そのなかで、未成年会員の保護者でデザイナーの中島浩氏が、2004年の開業年に、ケイ・ランゲージ・ラボのオリジナルロゴを制作、寄贈してくださって、これまでも、さらに現在、未来にわたって使用しています。

 

コンセプトは、当時のホームページにも記載した通り、「知性」と「貴婦人」です。受付猫・現在の室長の姫をモデルにして「K」の字は代表の下の名の頭文字をとっています。

 

会員内でも、例年このデザインを愛している方が多くいます。

 

ロゴは、玄関の看板のほか、HP、印刷物などで主に活用しています。

当初と異なり、個人教授業だけでない、事業内容に広がっていっても、組織のアイデンティティの表現としての活用でもありますので、語学教育部門以外でも、今後も共通で利用していきます。